注文住宅大辞典

注文住宅のメリットと注意点

注文住宅は、言ってみればオーダーメードの一軒家です。
大抵の一軒家は、ある土地に同じような住宅を建てて売られている建売住宅を購入するパターンです。
金太郎あめみたいに同じような家ばかりで個性がありませんが、予め購入金額が明確になっています。
それに対して注文住宅は、買主がどのような家に住みたいのかと、希望を明確にできる点があります。
ただ、注意点がいくつかあります。
まず、建売住宅みたいに土地がセットになっていませんので、自分で建設予定地を見つけないといけません。
さらに、建築事務所に設計を依頼したり建設会社に建築の依頼をしたりと、手間がかかります。
そして、建売住宅よりも大幅にお金がかかることや予算オーバーが必ず発生することです。
まとめますと、注文住宅の購入時に注意する点は、お金と時間がやたらとかかることです。
これらをまとめますと、直ぐに住みたいと考えている人は建売住宅、気長に待てる人のみ注文住宅の購入に向いています。

注文住宅の値段は予算で決まる

一生に一度の大きな買い物のひとつに住宅があげられます。
戸建住宅の購入を検討している場合には、当然家の大きさでやその建築構造で家の価格が変わってきます。
平屋と二階建ての家では当然違いますし、木造建築の家と軽量コンクリート造りの家でも変わってきます。
またそれ以外にも注文住宅と規格住宅でも価格が変わってきます。
規格住宅の場合には、その建材の長さも決まっているために、予め多くの木材をカットしておくことができるために建材の値段が安くなります。
しかしそのような中でも注文住宅を希望する場合には先にも記載したとおり大きさを小さくすることで家の価格を抑えることができます。
また注文住宅でも規格住宅で使用する建材を利用することができれば、既定の建材を使用する分、値段を落とすことができます。
このように家を価格を変えるための手段は建材の値段等によって大きく変わってくるために、既定の建材を上手く使用することで注文住宅であっても自分の予算内で建設することが可能です。

pickup

マンスリーマンションを東京で探す
https://www.tokyo-monthly.jp/

2016/12/7 更新