注文住宅大辞典

注文住宅のメリットとデメリット

一生住まう一戸建てを買うなら注文住宅でこだわりの家を建てたいと思う方も多いでしょう。
注文住宅には多くのメリットがあります。
注文住宅のメリットは、なんといっても建物の構造や間取り、設備、内装などを自分好みにすることができることです。
完全自由設計の家であれば一から建築士の方と家を設計することができますし、ある程度プランが決まっているものでも、部屋の配置や壁材・屋根材、扉のデザイン、キッチンやフローリングなどの設備などは自分好みのものを選ぶことができます。
自分のライフスタイルにぴったりと合った家にすることができるので、使い勝手も素晴らしいものが出来上がります。
一方、デメリットとしては、やはり建売住宅と比べると高額になり、打ち合わせなどでかなりの時間がかかってしまうことです。
注文住宅は打ち合わせの人件費や設計費用などのコストがかかり、部材も汎用性が低いものとなるので致し方ないことです。
時間がかかる点については、設計を考えることが楽しいと感じる方であれば、打ち合わせの時間はむしろ充実した時間であると感じるでしょう。

注文住宅の良い所とは

住宅を建てる場合は注文住宅と建売住宅の違いがあります。
建売住宅は、すでに建っている住宅を確認してから購入するかどうかを決めることができるので間違いがありません。
反面、どの建売住宅も好みと若干違う場合があり、生活に合わせて住宅をつくるのではなく、住宅にあわせた生活をしなければなりません。
注文住宅は自分の好みに合う住宅をつくることができる反面、どんな住宅になるかは未知数です。
それでも注文住宅の良い所は、仕上げや間取りに自分の考えを取り入れることができるので、後悔しないことです。
住宅は一生に一度の買い物です。
高い買い物なのに、コミットできる部分が少ないのはさびしいことです。
住宅で最も大切なコンセプトに関しては、自分の考えを通すことが大切です。
ただし、なんでも自分の思い通りにしてしますと失敗します。
基本的な考え方を伝えたら、プランニングや細かい仕上げなどは専門家に任せたほうが無難です。
大きな考え方は自分で決め、形をつくる作業は専門家に任せるのが良い注文住宅と作る秘訣です。

注目サイト

最終更新日:2016/12/8